七十二候 麋角解(さわしかつのおる)12/27~12/31ごろ

Error, no Ad ID set! Check your syntax!

麋角解(さわしかつのおる)12/27~12/31ごろ

鹿の角が抜け落ちて、生まれ変わるころ

大鹿(ヘラジカ)の角が生え変わる頃。枝分かれした大きな角が抜け落ち、春にまた新しい角が生え始めます。大鹿の角のことを麋角(びかく)といいます。

二十四節気 冬至
次候 麋角解 12/27~12/31ごろ

旬の野菜:南瓜(かぼちゃ) 
旬の魚介:鯉(こい)

旬のキーワード:
●小晦日(こつごもり)
12月30日を小晦日、31日を大晦日(おおつごもり)という呼びます。つごもりとは、月が隠れることで太陰暦では毎月末日は新月のころでつごもりにあたります。ちなみに大掃除は29日の末尾の数字が「苦」を連想させるため、28日までに済ますべしとされています。

●歳の市(としのいち)
年の暮れに,新年を迎えるためのお飾りその他の必要品を売る市。門松や松飾り、注連縄(しめなわ)注連飾り、鏡餅、またお節の材料などを買い出しします。

●年越し蕎麦(そば)
大晦日(おおみそか)に食べ、一年を締めくくる江戸時代からの風習です。蕎麦は細く長いということから長寿につながるといういわれと、金銀細工をする職人が床に散らばった金銀の粉をかき集めるのに蕎麦粉を煉って使ったことから「蕎麦は金銀を集める」という縁起を担いで蕎麦を食べたという説もあります。

Error, no Ad ID set! Check your syntax!
Error, no Ad ID set! Check your syntax!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です