七十二候 朔風払葉(さくふうはをはらう)11/27~12/1ごろ

Error, no Ad ID set! Check your syntax!

朔風払葉(さくふうはをはらう)

冷たい北風が、木々の葉を払い落とすころ。

朔風とは北風のことで、木枯らしのことです。地面いっぱいに広がる落ち葉と、葉を落とし寒々とした木々は冬の景色そのものであり、季節の移り変わりを感じさせます。

二十四節気 小雪
次候 朔風払葉(11/27~12/1ごろ)

旬の魚介:かます 
旬の野菜:白菜

候のキーワード:木枯らし
晩秋から初冬にかけて吹く北よりの冷たく強い風で、木々の葉を散らして木を枯れ木のようにしてしまうということから「木枯らし」と呼ばれている。
具体的には10月半ばごろから11月末日にかけて西高東低の冬型の気圧配置により発生する強い季節風のことで、風速毎秒8メートル以上の北より(北~西北西)の風と気象条件が定義されている。

Error, no Ad ID set! Check your syntax!
Error, no Ad ID set! Check your syntax!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です