二十四節気 立冬(りっとう) 11/8〜11/21ごろ

Error, no Ad ID set! Check your syntax!

立冬(りっとう)

立冬(りっとう)とは、冬の始まりのこと。
朝夕冷えみ、木枯らし1号や初雪の便りも届き始め、冬が近いことを感じさせる頃です。

立冬を過ぎると、初霜が降りて冬の佇まいへと変わります。
「立」には新しい季節になるという意味があり、立春、立夏、立秋と並んで季節の大きな節目です。

【季節の言葉】
●時雨(しぐれ)
晩秋から初冬にかけて降る通り雨のこと。

●木枯らし
晩秋から初冬にかけて吹く、冷たくやや強い風。
10月半ばから11月末にかけて西高東低の冬型の気圧配置のとき、最大風速8m/秒以上の西北西から北向きの風のことをいいます。

Error, no Ad ID set! Check your syntax!
Error, no Ad ID set! Check your syntax!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です