二十四節気 穀雨(こくう)4/20〜5/4ごろ

Error, no Ad ID set! Check your syntax!

穀雨(こくう)

穀雨(こくう)は、すべての穀物をうるおす春の雨の意味で、雨で潤った田畑は種まきの好期を迎えます。
この時季に、特に雨が多いというわけではありませんが、穀雨以降、降雨量が多くなり始めます。

【季節の言葉】
●山笑う(やまわらう)
春、山の草木が一斉に芽吹き、明るく生気にあふれた姿になること。

●百穀春雨
この時期に降る雨は、百穀をうるおし、芽を出させる春雨として、 「百穀春雨」といわれています。
また穀雨の時節は、種まきなどを始めるのに適した時期なので、農作業の目安にされています。

Error, no Ad ID set! Check your syntax!
Error, no Ad ID set! Check your syntax!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です